Okada Seisakusyo Furoku

HOME)) GUIDE )) COMPASS )) FUROKU ))

竹甚作究極イカダ竿

大阪の竹甚工房ではピーラインに耐えるガイドで、超軽量のステンレス2重巻きにハードクロームを付けたOKSのガイドを使い、究極のイカダ竿を作って実際にユーザーさんに使ってもらい高級竿を持つ満足寒を味わってもらうべく終に作る事にしました。以下その画像です。
穂先先端0.3ミリ元太さ4ミリ穂先全長60cmです。
この2本とも60cmです。そこに2重巻きガイドが10個付きます、元の方はFMHの小と中が付くタイプとヘチ用SICリング入りのものがあります。
OKSの二重巻きハードクローム品(KMH-Z)とミニ黒の付いた竿ヒルゴンの付いたカワハギ竿の3本を比較できます、KMHがいかに小さいか分かると思います。
近畿方面では磯場が多くイカダ釣りがさかんです、沢山釣れますので、ミニ黒ガイドでは傷がついて糸が持ちませんそこで器用な方たちは自分で二重巻きをペンチのさきで作っています、0.3ミリのステンレス線を使います、此れだとミニ黒より耐久性があります、今のところこれが最上とされています、然しハードクロームを処理すると物凄い耐久性があります、使って見ればそのすべりの良さも更に実感でします。究極の穂先を手にして優越感に浸たるこれこそ釣り天狗の醍醐味だ。
自分で作れると思う方はOKSのKNHを入手し、竿になったのを欲しい方、いずれにしても竹甚にテルして見ては。
竹甚TEL0724-52-7767>